誰が相続人?【相続人を確定する】

法定相続人は、戸籍で確認します。

被相続人の出生から死亡までの戸籍をすべて集め、そこから法定相続人となる人を確定します。

法定順位

どの順位であっても、配偶者は必ず相続人となります。
配偶者以外の相続人については、家族関係によって下記のように相続人となる順番が変わります。

第1順位 配偶者・子

配偶者と子が第一順位の法定相続人となります。子には、養子を含みます。

第2順位 配偶者・直系尊属

子がいない場合、直系尊属が第二順位の法定相続人となります。
直系尊属というのは、親や祖父母を指します。
親が被相続人より先に死亡している場合、祖父母が相続人となります。

第3順位 配偶者・兄弟姉妹

子も直系尊属の相続人もいない場合、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。