遺産分割協議

   

遺産分割協議とは

遺産分割協議という言葉は堅苦しく難しく感じますが、「相続財産を誰がどう分けるか話し合う」ということです。

相続人が2名以上の場合、遺産分割協議が必要となります。

 

遺産分割協議をする前に

相続が始まって、なんとなく話し合いをして、適当に決めるというのはオススメしません。
下記のステップを踏まえて話し合うことで、のちのちのトラブルの予防にもつながります。

1.相続人を確定する

相続には法定相続順位というものが存在し、亡くなった方との家族関係で相続できる人が決まっています。
これは戸籍で判断されますので、まずは戸籍を収集し、認知している子や腹違いの兄弟姉妹はいないかなど細かく確認していく必要があります。

2.財産を調査し、財産目録を作成する

どうわけるか話し合うには、いくら相続財産があるかが明確でないといけません。
また、子の相続財産にはマイナスの財産も含みますので注意が必要です。
亡くなった日時点での相続財産をきちんと調べ、話合いしやすいよう財産目録を作成しましょう。

この2点を踏まえて、誰がどう分けるのかを話し合い、遺産分割協議書にまとめていきましょう。

 

遺産分割方法

現物分割

不動産は妻、預貯金は長男など個々の財産をそれぞれの相続人が相続する。

〇メリット

分割がわかりやすい。
財産を現物のまま残すことができる。

〇デメリット

法定相続分どおりに分割するのが難しい。

 

共有分割

財産の一部あるいは全部を相続人が共同で所有する。
不動産などは共有名義となる。

〇メリット
公平に分割することができる。
財産を現物のまま残すことができる

〇デメリット
財産を利用するときや処分をするときに自分一人では決定できないことが多く、自由度が低い

共有者に次の相続が発生したとき、関係性が複雑になる

 

換価分割 かんかぶんかつ

財産を売却し、金銭に変えて分割をする

〇メリット
公平な分割が可能
現物分割の補填に使える

〇デメリット
財産の現物が残らない
売却の手間と費用が掛かる
譲渡益に所得税と住民税がかかる

代償分割 だいしょうぶんかつ

相続人の一人が財産の現物を相続し、他の相続人に相続分の差額を現金で支払う

〇メリット
財産の多くが不動産や事業用資産、農地の場合で、後継者に相続させたい場合に有効

〇デメリット
代償として支払う資金が必要

不動産を渡すと譲渡益に所得税と住民税がかかる